ラベル

postheadericon ネームプレートを作る

自分の名前や役職、所属といった情報をすばやく相手に伝える手段としてもっとも有効なのは名札をつけるということです。
そうすることで、対面した相手には速やかにそれらの情報を伝えることができます。

また、部屋に入る前に伝えたい、あるいは自分の所在をわかりやすくしたいという目的ではネームプレートが有効ですし、相手に忘れないでもらいたいという意味では名刺がとても有効な手段と言えるでしょう。
これらの名前入りのカードについて、あると便利であるのは確かなのですが、人に見られたり、渡したりしても恥ずかしくないように作成するのはちょっとした大作業です。
紺をつめて名札やネームプレートを作成しようとしてなかなかうまくいかなかったら、自分にはセンスがないのではないかと不安になってしまうと思います。
時間と労力を惜しむ意味でも、名札やネームプレートの作成は専門家に任せることをお勧めします。

専門家と相談しながら作成をすれば、大きさはどのくらいが良いか、文字の大きさはどの程度か、フォントは、デザインはといった、作成に必要な情報を的確に私たちから引き出してくれます。
そうして作成された名札やネームプレートは主張しすぎず、それでいて存在感があり、決して人前に出して恥ずかしくないものができるはずです。
万が一、気に入らなくとも、そこはプロですので何度でも気に入るものができるまであなたと一緒に頑張ってくれるはずです。
プロの力を借りれば理想としている名札やネームプレートが最低限の労力でできることでしょう。

ネームプレート

postheadericon ネームプレートを自作

イベントや会社で使う名札やネームプレートですが、業者に頼むと結構金額がかかります。
企業などで使われている本格的な名札となるととプラスチックに名前と社名ロゴが刻まれた正式な物が必要になってきますが、例えばイベントやアルバイトで使うような簡単なものなら、自分で作ってみるのもおすすめです。
100円ショップや業務用の文房具などを置いてあるお店に行けば、プラスチックのケースに安全ピンの付いた、名札ケースが売られています。

これは、大きさに合った紙を切って名前を書いて、ケースの中に入れるだけで簡単に名札が作成出来るというものです。
紙は出し入れが出来るので、人が入れ替わったり名前が変わったりしてもすぐに作成し直すことができます。
名札を使う人が自分の好きな色のペンを使ったりイラストを描いたりすると、その人に合った個性的な名札が作成することができます。

また、同じようにデスクに置くようなネームプレートも、紙を入れ替えるだけで簡単に作成できるものが売られています。
ネームプレートとしてだけではなく、「予約席」「禁煙」など、ちょっとしたメッセージを書いても使えます。

もう少しちゃんとした名札やネームプレートを作りたい、見栄えを良くしたいという方は、エクセルやワードを使って作成すれば、デザインに統一感のあるものが作成できます。
一度フォーマットを作成しておけば、使用する人が入れ替わっても同じフォント、文字の位置で作れます。

オススメリンク

早いことで有名なネームプレートの作成サービスがあります。企業でも人気のあるサービスでコストも削減できるから選ばれています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930